太陽光発電の保険がオススメ!万が一の時でも、全額補償

【太陽光発電】お得な見積り比較※メリット・デメリットを徹底比較

太陽光発電の保険がオススメ!万が一の時でも、全額補償

太陽光発電は、外で雨風にさらされていますし、高い買い物ですから万が一故障した場合大変困ってしまいます。
太陽光発電には、だいたいメーカー保証が10年ほどつけられている場合が多いですが、竜巻や落雷、盗難などによる偶然的な故障や事故に関しては、補償がされず損害保険が必要となります。

太陽光発電システム、ソーラーパネルが地面や屋根に固定されていて動かせない状態になっている場合は、「火災保険」に加入することができます。
また、移動ができたり着脱可能なタイプは「動産総合保険」で保険加入することも可能です。
一般的に一戸建てなどの太陽光発電であれば、前者に当てはまるケースが多いかと思います。

火災保険の補償内容としては、火災・落雷・破裂・爆発・風災・雹災、雪災、給排水設備事故の水漏れ等、騒じょう労働争議等、車両・航空機の衝突等、建物の外部からの物体の衝突等、盗難、水災、電気的・機械的事故、その他偶然な破損事故等が対象となります。
住宅用の太陽光発電システムであれば、既存の火災保険に保険金額を追加するだけで対応できますので、既に加入している人は追加するとよいでしょう。

しかし、火災保険の場合は残念ながら外部からの物体の落下や飛んできたものによって設備が損害を受けたり、倒壊したりするケースが考えられますが、それらによる損害は補償されません。
そのあたりをカバーしたい場合は、住宅総合保険を選択するとよいでしょう。
そうすれば、台風や雨風、降雪による損害もカバーしてくれます。
また、地震による火災は適応外という事が多いですから、地震保険にも加入すると万が一の時でも全額補償してもらえる可能性が高くなります。

また、10年のメーカー保証の間は全額補償の対象となっていて、さらにお金を出すことで保証を延長できるメーカーもありますので、すでに設置が完了している方は特に確認しておくことをおすすめします。
もちろん、産業用太陽光発電に関しても保険は充実していますから、太陽光発電を設置するのであれば、高額なものになりますから保険を考えておいた方がよいのではないでしょうか。