災害時に役立つ太陽光発電|停電でも電力供給がOK!!

【太陽光発電】お得な見積り比較※メリット・デメリットを徹底比較

災害時に役立つ太陽光発電|停電でも電力供給がOK!!

太陽光発電のメリットの一つとして挙げられるのが、災害時に電力が使用可能だということです。
では、どのように災害時に役立つのでしょうか。

突然の災害時、落雷や地震による長時間の停電の場合、ライフラインが断たれてしまうことはかなりの死活問題です。
数時間ならなんとかなると思っていても、数日や数週間といった長期化になってしまうと誰しもが困ってしまうのは確実です。
そこで、太陽光発電システムの自立運転機能を活用する事で、停電での電力供給が可能になりますから、かなりのメリットが出てくるのです。

一般住宅一戸建てで考えてみましょう。
1週間の停電を余儀なくされた場合、様々な面からメリットが得られます。
まず、テレビやラジオなどの電化製品が使用できることで、メディアからの情報を正確に入手することができますから、自然災害に遭ったとしても何かと安心安全です。
また、携帯電話などの通信情報機器の充電も可能になりますから、外部からの連絡を取り合う事が絶えず可能になります。
さらに、電化製品が使用できますので、電気ポットでお湯を沸かしたり、ホットプレートなどで調理ができたり、冷蔵庫で食品の長期保存が可能になったりと、生きていく上で必要な「食」に関してもある程度の期間不自由なく生活が可能になるのです。
ですから、停電時でも電力供給ができることは大変素晴らしい事だといえます。

ただし、太陽光発電の自立運転に関しては、電力の限界を考えなくてはなりません。
電力大容量タイプのエアコンやオーブンレンジは使用を避けた方がいいでしょう。
また、当然夜間は発電できませんし、雨や曇りの日ですと発電量が限られてきますから、急に電力が切れてしまうと故障の原因となるデスクトップパソコンなどは、使用を控えた方が無難といえます。

また、自立運転モードにする場合は、切り替え操作が必要である場合があります。
その方法もメーカーや機種によって様々ですから、事前に確認したり試したりして、いざという時に慌てず困らないようにしておきましょう。