選ぶ前にちょっと待った!太陽光発電のメリット・デメリット

【太陽光発電】お得な見積り比較※メリット・デメリットを徹底比較

選ぶ前にちょっと待った!太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電は、住宅用・商業用合わせて近年非常に注目されてきました。
実際に、ここ10年前後で太陽光パネルを目にする機会も非常に多くなりましたし、多くのメディアでも取り上げられるようになりました。
個人でも、一戸建てを建てる際に太陽光発電設備を設置する方も非常に多いのですが、メリットばかりを業者から紹介されて、あまり詳しく知らずにつけてしまう人も多いです。
ですから、太陽光発電を選ぶ前に太陽光発電のメリットやデメリットを少しみてみましょう。

メリットとしては、補助金で設置費用が安くなったり、災害時や停電時といった、いざという時も太陽さえあれば発電してくれますから、電気を使用することが出来ます。
また、光熱費の削減に関しては、日中発電した電力のうち消費した電力を自力でまかない、余った分を売電として電力会社に売却することができるので、収入を得る事ができます。
さらに、発電量や消費電力をモニターなどで頻繁にチェックする癖が設置者には自然とつきますので、自分でできる節電を心がけるようになって実際の節電につながっていきます。
また、エコエネルギーと言われてるだけあって、発電時にはほとんどCO2を排出しませんので、地球温暖化を身近な所から食い止めていけます。
しかも、石油や石炭などは有限ですので枯渇の心配がありますが、太陽はその心配もありませんし無償でエネルギーを生み出してくれるのです。

一方のデメリットとはどんなことでしょうか。
まず、石油などの化石燃料に比べて自然の太陽に頼っていますから、天候や気候などに左右されてしまい発電量が不安定であることです。
雨や曇りの日は発電量が少なくなりますし、当然太陽が出ていない夜間の発電もできないです。
また、地域差によって日照時間や日射の強さが異なりますので、場所によって発電量が左右されてしまいます。
さらに、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換すると変換効率がまだ低いのが現状です。
将来的には、もっと効率よく発電してくれるようになるとは思いますが、今の技術ではまだまだといったところです。
さらに、太陽光発電は5年から10年で設置価格の元を取れるとは言いますが、初期投資自体はまとまった金額が必要ですから、安易に設置できるものでもありません。

これらのメリット・デメリットをよく知ったうえで。業者に見積もりを出してもらって設置するのかどうかよく考えましょう。